アネッサ(ANESSA)

icon_instagram

なるほど!紫外線対策

UVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)の違いって?
肌への影響や家の中での日焼け止め対策をSTUDY!

森を歩く女性

ご存じのとおり、紫外線は肌にダメージをもたらす要因のひとつ。とはいえ、紫外線にはどれだけの種類があり、私たちの肌にどのように降り注いで、どんなダメージをもたらすのか、具体的に知らない人も多いのではないでしょうか。紫外線を制すには、まずは正しい知識から。UVAとUVBの違いや、それぞれが肌に与える影響など、パーフェクトなUVケアを目指すための、紫外線基礎知識をおさらいしましょう。

UVAとUVBの違いとは?

UVA UVBの違い

紫外線は、波長の長さによってUVA(紫外線A波)、UVB(紫外線B波)、UVC(紫外線C波)の3つに分けられます。UVCはオゾン層に吸収されるため、地表には届きません。私たちの肌に悪影響をもたらすのは、UVAとUVBの2つです。

地表に降り注ぐ紫外線の約9割を占めるのがUVA。波長が長く、雲や家の中・車の窓ガラスも透過して肌にも到達するため「生活紫外線」とも呼ばれます。UVAを浴びると、肌はゆっくりと黒くなり、シワやたるみを引き起こします。

波長が短いのがUVB。屋外での日焼けの主な原因となるため「レジャー紫外線」とも呼ばれます。たくさん浴びてしまうとすぐに赤く炎症を起こし、メラニンをつくらせ、シミや色素沈着の原因になります。

シワやたるみにつながりやすいUVA、シミや炎症の原因になるUVB

それでは、UVAとUVBがもたらす肌ダメージの違いを、もう少し詳しく解説しましょう。

前述のとおり、UVAは波長が長いために、美しく健やかな肌の源である真皮層にまで到達。ハリや弾力を生むコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸をつくりだす線維芽細胞を傷つけてしまいます。そのため、UVAを浴びてしまうと、肌は弾力を失い、シワやたるみといった見た目の印象を大きく左右する肌悩みを引き起こしてしまうのです。

対してUVBは、波長が短いために真皮には到達しませんが、表皮にさまざまなダメージをもたらします。ヤケドをしたように肌を赤く炎症させるサンバーンや、メラニン色素が沈着して肌を黒くするサンタン、シミやそばかすの原因になります。

このように、紫外線ダメージに負けず、健やかで美しい肌をキープするためには、UVAからもUVBからも徹底的に肌を守ることが大切だということがよくわかりますね。

紫外線量は季節・時刻・天候で変わる!

紫外線は365日降り注いでいるものですが、その量は季節・時刻・天候によって大きく変わります。

季節

紫外線量のピークは春から夏にかけて。だからといって、冬にゼロになるというわけではありません。秋から冬にかけてだんだん少なくなっていきますが、真冬でも夏の半分程度にしか減らないため、一年中油断できません。

月別 UVA・UVBの量

時刻

紫外線が地表に届くのは、昼間だけではありません。紫外線量は、朝7時ごろから徐々に増えはじめ、朝9時には急増。正午前後にピークを迎えた後は、だんだんと量は減っていきますが、夕方になってもゼロにはならず、午後の遅い時間まで残っています。日焼け止めは日中の外出時だけでなく、朝の通勤時も夜の帰宅時も忘れずに塗るように心がけましょう。

天候

曇りや雨だからといって油断は禁物。曇りの日では晴れた日の6割強、雨の日でも晴れた日の約2割の紫外線が地表に届いています。上から降り注ぐだけでなく壁や地表に当たって反射するため、海やスキー場では、季節を問わず反射する紫外線にも注意が必要です。

家の中など屋内でも日焼けはする!UVAダメージにはご用心

家の中

UVAとUVBはどちらも厄介なものですが、特にUVAは地表に降り注ぐ紫外線の約9割を占めているだけでなく、一年中降り注いでいるため注意が必要です。

たとえば、朝の通勤やランチでの外出、ベランダで洗濯物を干すといった、ほんの少し外に出るだけでも、きちんと日焼け止めを塗らないと、肌へのダメージがだんだん蓄積されて、気づいたときにはシワやたるみが深くなっていた……なんてことになりかねません。また、UVAは窓やガラスを透過するため、部屋の中にいても車の中にいても油断は禁物。特に窓辺の席に座る機会が多い人は、窓側だけダメージが進んでしまっているかもしれないのでご注意を。

家の中での日焼け止め対策

「外に出ないから塗らなくていいか」と何も手を打たなければ、知らぬ間に紫外線ダメージを進ませてしまうことに。「朝のスキンケアの最後はUVカット効果のある乳液や化粧下地で締める」とルーティンにすると習慣にしやすくなります。また、UVカット加工が施されたカーテンや窓に貼るUV カットフィルムなどを活用するのもおすすめです。

日本人女性はもともと持っているメラニン量が多いため、肌が黒くなりやすい傾向にあるといいます。また、シワやたるみといった肌ダメージは見た目年齢に直結するため、UVAダメージには特に気をつけたいもの。だからこそ、夏のように日差しが強くない今の時期から紫外線対策の徹底を。家の中でも肌をしっかり守ることを忘れないようにしましょう。

Photo /Getty Images

ページトップへ