ANESSA

なるほど!紫外線対策

利用シーン別にしっかり対策。
アウトドアの日焼け止め選びで気をつけるポイント

スポーツをしている女性

海で、山で、街で、太陽の下で思いっきり楽しむ女性は、とても健康的で魅力的ですよね。とは言え、シミや乾燥、くすみなど、紫外線がもたらす肌へのダメージはやっぱり気になるもの。そこで今回は、太陽の下でも美しさをキープするための賢い紫外線対策をご紹介。アウトドアを愛するあなたにぴったりのUVケアのコツを、資生堂グローバルイノベーションセンター化粧情報開発センター・コスメティクス ブランド情報開発グループの國澤直美がお伝えします。

あなたにベストな日焼け止めは?
アウトドアシーン別・日焼け対策

アウトドアシーン別・日焼け対策

海なのか、山なのか、リゾートなのか。アウトドアといっても、日焼けシーンはさまざま。だから当然、使うべき日焼け止めも使い方も異なります。シーンに合ったアイテムをきちんと選び使いこなせば、紫外線に負けず美肌をキープすることができます。

Scene1:サーフィンなどのマリンスポーツには

マリンスポーツには、たくさん水しぶきを浴びても紫外線防御効果をキープできるウォータープルーフタイプが◎。アネッサの日焼け止めには、水に触れると紫外線防御膜が強くなる先進技術「アクアブースター EX」が使われているので、海やプールを楽しみたい人にぴったりです。また、使い方を誤れば、せっかくの「アクアブースター EX」も台無し。十分な量の日焼け止めを肌に均一に塗ること、そしてこまめに塗り直すことも大切なポイントです。

Scene2:ランニングやウォーキングには

ランニングやウォーキングは、心身をリフレッシュできる人気のスポーツですが、紫外線に長時間さらされるため肌や髪を健やかに保ちたいなら万全な対策が必要です。汗をかいても崩れにくい、肌への密着力の高いタイプを選びましょう。

Scene3:リゾートなどでのバカンスには

ビーチなどのリゾート地では、非日常の世界を満喫しすぎて、紫外線対策がおざなりになりがち。現実に戻ってから肌のくすみや炎症に気づいて大慌て……なんて失敗談も少なくありません。通常よりも「うっかり焼け」しやすいので、「SPF50+・PA++++」の国内最高レベルの紫外線防止効果のある日焼け止めを選びましょう。また、日本より湿度が低く乾燥しやすい海外のリゾート地なら、保湿効果や使い心地にも配慮したマイルドタイプもおすすめです。

いくら優秀な日焼け止めでも、“使い所”を間違えてしまえば、せっかくの機能も半減。日焼け止めのそれぞれの特性を良く見極めて正しく使いこなせば、真夏のアウトドアシーンがもっともっと楽しくなるはずですよ!

Photo/Getty Images

ページトップへ