アネッサ(ANESSA)

icon_instagram

なるほど!紫外線対策

利用シーン別にしっかり対策。
アウトドアの日焼け止め選びで気をつけるポイント

スポーツをしている女性

海で、山で、街で、太陽の下で思いっきり楽しむ女性は、とても健康的で魅力的ですよね。とはいえ、シミや乾燥、くすみなど、紫外線がもたらす肌へのダメージはやっぱり気になるもの。そこで今回は、太陽の下でも美しさをキープするための賢い紫外線対策をご紹介。アウトドアを愛するあなたにぴったりのUVケアのコツを、資生堂グローバルイノベーションセンター化粧情報開発センター・コスメティクス ブランド情報開発グループの國澤直美がお伝えします。

あなたにベストな日焼け止めは? アウトドアシーン別・日焼け対策

アウトドアシーン別・日焼け対策

海なのか、山なのか、リゾートなのか。アウトドアといっても、日焼けシーンはさまざま。だから当然、選ぶべき日焼け止めも使い方も異なります。シーンに合ったアイテムをきちんと選び使いこなせば、紫外線に負けず美肌をキープすることができます。

Scene1:サーフィンなどのマリンスポーツには

マリンスポーツには、たくさん水しぶきを浴びても紫外線防御効果をキープできるウォータープルーフタイプが◎。アネッサの日焼け止めには、水に触れると紫外線防御膜が強くなる先進技術「アクアブースター EX」が搭載されているので、海やプールを楽しみたい人にぴったりです。しかし、使い方を誤れば、せっかくの優れた機能も台無し。十分な量の日焼け止めを肌に均一に塗ること、そしてこまめに塗り直すことも大切なポイントです。

Scene2:ランニングやウォーキングには

ランニングやウォーキングは、心身をリフレッシュできる人気のスポーツですが、紫外線に長時間さらされるため、肌や髪を健やかに保ちたいなら万全な対策が必要です。汗をかいても崩れにくい、肌への密着力の高いタイプを選びましょう。

Scene3:リゾートなどでのバカンスには

ビーチなどのリゾート地では、非日常の世界を満喫しすぎて、紫外線対策がおざなりになりがち。現実に戻ってから肌のくすみや炎症に気づいて大慌て……なんて失敗談も少なくありません。通常よりも“うっかり焼け”しやすいので、「SPF50+・PA++++」の国内最高レベルの紫外線防止効果のある日焼け止めを選びましょう。また、日本より湿度が低く乾燥しやすい海外のリゾート地なら、スキンケア成分を含み、保湿効果が高いタイプもおすすめです。

ミルク、ジェル、スプレータイプ。日焼け止めはどれがおすすめ?

日焼け止め、とひと口に言ってもその種類はさまざま。製品がうたう効果を無駄なく発揮させるためには、それぞれの特性を知りベストなタイミングで使いこなすことが大切です。

ミルク

ミルクタイプは耐水性がもっとも高いため、海やプールなど長時間水に触れるシーンや、汗をたくさんかく夏には特におすすめ。

アネッサの「パーフェクトUV スキンケアミルク」は、SPF50+・PA++++のパワフルな紫外線防御効果があるだけでなく、汗や水、そしてこすれにも強い「アクアブースターEX技術」が搭載されています。

夏のあらゆるシーンで紫外線ダメージから肌を徹底的に守りつつ、スキンケア成分50%配合でうるおいも十分。未来の美肌をしっかりと守ります。サラサラな感触のミルクだからみずみずしくなめらかにのびて塗りやすく、キシキシ感なし。日焼け止めに苦手意識がある人でも心地よく使えるテクスチャーです。

ジェル

のびがよく、さっとつけられると人気のジェルタイプは、忙しい朝などに便利なアイテム。みずみずしい使用感で、乾燥が気になるときや、日焼け止めの塗り心地が苦手な人にぴったりです。

アネッサの「パーフェクトUV スキンケアジェル」は、みずみずしく軽やかなつけ心地をキープしながら、「アクアブースター技術」&「スーパーウォータープルーフ」のパワフルな紫外線防御効果を両立させた優れもの。

汗・水を味方にしながら、紫外線から肌をしっかり守ります。こちらもスキンケア成分50%配合で保湿力も申し分なし。チューブ状で量を加減しやすいため、化粧下地として使いやすいのも魅力です。

スプレー

身体はもちろん、髪にも使えるスプレータイプの日焼け止め。簡単&手軽&全身に使えるので、お出かけ先での塗り直しなどに便利です。また、メイクの上からも使用可能なので、汗で崩れやすい夏のメイクリタッチ用としても重宝しますよ。

アネッサの「パーフェクトUV スプレー アクアブースター」は、「アクアブースター技術」に加え、あらゆる角度からの紫外線を防ぐ「360°ムラやけブロック技術」を搭載。「スプレーだとちゃんと塗れているか不安……」という心配な方にはぜひ試してもらいたいアイテムです。夏のファッションでは、手の届かない背中にスプレーできるのも嬉しいですね。

いつの間に!? スポーツをしていていちばん日焼けしやすい部位は?

額・鼻すじ・ほお骨・頭皮は重ねづけで強化を

スポーツシーンでの焼けやすい部位は、額、鼻すじ、ほお骨、頭皮と、普段のシーンとさほど変わりません。しかし、上から降り注ぐ紫外線と垂直になりやすい肩や、反射光があたりやすく、かつ塗り忘れがちな耳の後ろや首の後ろなどは、うっかり焼けしやすいので要注意。さらに唇はデリケートでありながら無防備になりやすいので、UVカット効果のあるリップクリームでカバーしてあげましょう。

こうした日焼けしやすい部位は、全体にまんべんなく塗った後、重ねづけして紫外線防御効果を強化することがおすすめです。

こまめな塗り直しで効果を持続!

塗る量が少なければ、期待どおりの効果は得られません。また、水や汗で流れたり、衣服が顔に触れたりして取れてしまうこともあります。日焼け止めのSPFやPAの数値を過信したり、一度、塗ったからと安心していると、思わぬ日焼けをしてしまいかねないので、効果を持続させるためには、2~3時間置きに、こまめに塗り直すことが大切です。

汗をかいたらこまめに塗り直し! 日焼け止めの正しい使い方

アウトドアにおすすめのウォータープルーフの日焼け止め!

海やプール、ハイキング、キャンプなど、汗をたくさんかいたり長時間水に触れるシーンでは、ウォータープルーフタイプの日焼け止めが欠かせません。知っているようで知らないその仕組み、スポーツにおすすめな理由を解説します。

ウォータープルーフってなに?

Waterは「水」、Proofは「防ぐ」という意味のとおり、防水加工が施されているということ。通常の化粧品よりも、肌への密着性に優れた素材を使用することで、水や汗に触れても長時間効果を持続させることができるのです。

スポーツにおすすめな理由

密着性に優れていると、汗や水に触れても効果が落ちにくいため、海やプールといった長時間水に触れるスポーツや、ランニングなどの汗をたくさんかくスポーツ時に最適。アネッサの日焼け止めには、汗や水に触れると紫外線をブロックする膜が強くなる「アクアブースター技術」が搭載されています。

なかでも「パーフェクトUV スキンケアミルク」には、“こすれ”にも対応した進化版「耐久型アクアブースター EX技術」を搭載。こすれに強く、タオルで汗を拭いてもUVブロック膜が剥がれにくいため、海やプール、ランニングが好きな方にぴったりです。

いくら優秀な日焼け止めでも、“使いどころ”を間違えてしまえば、せっかくの機能も半減。日焼け止めのそれぞれの特性をよく見極めて正しく使いこなせば、真夏のアウトドアシーンがもっともっと楽しくなるはずですよ!

Photo/Getty Images

ページトップへ