SUN CARE BOOK

紫外線対策 サンケアブック

紫外線はマスクを透過する?今だから知りたいマスク焼け対策と美肌のポイント

マスクの女性

思うように外出ができない時は、少しの外出の時間がとても貴重で、日焼けを気にせず楽しみたいですよね。でも、マスクをして外出する時は“うっかり日焼け”にご注意を。マスクを着けていても実は油断大敵なのです。

今だからこそ知っておきたいマスク焼け対策と、ワンランク上の美肌を目指すポイントをおさらいしておきましょう。

実はマスクを透過する紫外線

マスクをしていると、「マスクによって肌が守られて日焼けしない?」と思ったり、「日焼け止めを塗ったり化粧をするのが正直面倒くさい」などと思っていませんか?実は、一般用不織布マスクは紫外線を透過してしまうものもあり、マスクをしていても日焼けをしてしまう可能性が十分にあります。うっかり「マスク越し焼け」をしてしまわないよう、マスクを着用する日も紫外線対策をしておくのがおすすめです。

マスクをしている時も、うっかり日焼けをして紫外線ダメージが肌に蓄積しないように、しっかりと紫外線対策をして肌を守りましょう。

アネッサは汗・蒸れ・こすれに強い

日焼け止めを塗って紫外線対策は万全なつもりでも、マスクを着用していると蒸れたり、体温が上昇しやすくなり汗をかいたり、また着け外しによる“こすれ”により日焼け止めが普段以上に落ちやすくなっています。

アネッサは高いUVカット効果を持ちながら、蒸れやこすれに強いので、マスク焼けを防いでしっかりと紫外線から肌を守ってくれます。

マスクこすれテスト結果
※アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク aと自社従来品(耐こすれ機能のないもの)との比較画像
※紫外線をブロックしている箇所が黒く写るUVカメラを使用して撮影

「マスク焼け」・「マスク越し焼け」をしないための効果的な日焼け止めの塗り方

マスクによるうっかり日焼けをしないために知っておきたい、日焼け止めの塗り方のポイントは3つ。

POINT1:日焼け止めをムラなく塗った後に、チューリップゾーン(日焼け止めの落ちやすいエリア)に重ね付けしましょう。

POINT2:日中、塗り直す時も、チューリップゾーンを中心に塗り直しましょう。

POINT3:仕上げに、手の甲を猫のようにして顔にやさしく押し当てるようにぴたっ、ぴたっと日焼け止めを肌に密着させましょう。

アネッサはさらさらベタつかない

アネッサは被膜感やべたつきを感じにくいさらさらの処方のため、マスクによる蒸れが気になる時や、湿度の高い時にもおすすめ!

1本で日焼け止めからファンデまで。肌荒れを防ぐスキンケアBB

マスクをつけていると、蒸れやこすれはもちろん、いつもより汗をかいて化粧がよれやすいし、肌あれも気になるのでベースメイクを省いたり、目もとだけポイントメイクをするという方もいるのでは。

アネッサの「パーフェクトUV スキンケアBB ファンデーション a」は、過酷な汗をかくスポーツシーンのために開発されたため、汗や皮脂にも強く、1本で日焼け止めからファンデまでハイブリッドに役割を果たしてくれるので、時短で手軽にベースメイクが完成。毛穴やシミを自然にカバーし、さらに目もとのクマまでしっかり隠して、ノーファンデの日も健康的で明るい印象の肌に見せてくれます。さらにうるおいを与える保湿&美肌成分配合で乾燥ダメージを防ぎ、スキンケアパウダー(硫酸バリウム)配合で肌荒れも防いでくれる優れものです。

ビューティーアップ効果

アネッサは美肌見え効果もばっちり。均一にフィットして、自然なつやが広がり明るい透明感のある素肌に仕上げます。

美肌見え効果

手をアルコール消毒をしたあとは、日焼け止めは塗り直すべき?

手を清潔に保ち健康を守るために、手洗いやアルコール消毒は欠かせないですよね。
しかし紫外線防御剤はアルコールに溶けやすいものもあり、消毒液のような高濃度のアルコールをつけてこすることにより、ムラ付きになってしまうことがありますので、塗り直しすることをおすすめします。
塗り直す際は、一度手を石けんで洗って残っている日焼け止めを落としてから塗り直すとよいでしょう。

また、頻繁に手洗いやアルコール消毒をしていると、手が乾燥するのはもちろん、日焼け止めも落ちてしまいます。でもハンドクリームも日焼け止めも、両方を何度も塗り直すのは面倒……。

そんな時は、「アネッサ ホワイトニングUV ジェル AA」なら、美容液のようにみずみずしい感触で塗りやすく、スキンケア成分がたっぷりで薬用美白*&抗肌あれ効果があるため手もとを美しく保ちます。

こんな時だからこそしっかりと日焼け止めで紫外線対策をして、明るくすこやかに前向きに過ごせるといいですね。

*美白とはメラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと。

 

コラム

南国の雰囲気や、夏の気配を感じるとワクワクした気分になりますよね。太陽の光には気持ちを前向きにする力があるといわれています。その理由のひとつが、「サーカディアンリズム」。人間のからだにおいて昼と夜を作り出す1日のリズムを、太陽の光が調整しています。ところが、家の中にこもっている時間が長くなると、太陽の光を十分に浴びることができず、気分が落ちてしまったり、余計にストレスを感じてしまいがち。

少しの時間でも太陽の光を浴びるだけで、体も心もリフレッシュされます。紫外線対策をして、太陽のパワーをもらうのもいいですね。

ONLINE STORE