ANESSA

なるほど!紫外線対策

シミ・シワ・そばかすが増えていく!?
紫外線がもたらす「光老化」を徹底解説

肌老化の要因は2種類あります。ひとつは加齢によるもの。そしてもうひとつは、紫外線ダメージの蓄積による“光老化”。光老化は、真皮にまで到達するUV-Aと深い関わりがあり、肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンにダメージを与えてしまうため、シワやたるみといった現象の引き金に。だから今こそ、光老化についてしっかりお勉強! 知識を深めて、強い日差しの下でもいきいき輝くような若々しい印象を目指しましょう。

シミ・シワ・そばかすが気になる人必見!
紫外線対策の必要性とは

紫外線対策は、将来の暮らしのために貯金することと、とてもよく似ています。日頃からコツコツお手入れをして美しい肌を「貯金」していけば、10年後も20年後も美しさを保つことができますが、紫外線対策が不十分だと紫外線リスクという「負債」を抱えてしまい、場合によっては「資産」であるお肌の状態が総崩れ状態に!

日常的に紫外線を浴び続けてしまうと、シミ・そばかすのモトとなるメラニン色素が増えていくことは良く知られていますが、最新の紫外線研究では、紫外線を浴びると“シワのたまご”ともいわれる「ゼラチナーゼ」という酵素も発生してしまうことが明らかになっています。これが、表皮でダメージを起こすだけでなく、真皮のコラーゲンを変性させてしまうため、将来のシワの発生率を高めてしまうのです。紫外線は、ハリのもととなるエラスチンやコラーゲンを分解する酵素をも発生させたり、乾燥しやすい肌にしたりと、シワのたまごだけでなく、さまざまな影響をもたらします。だからこそ、紫外線量が少ない冬場であっても、日焼け止めによる紫外線対策を毎日のケアとして取り入れて、徹底的に肌を守りぬくことが大切です。

見た目の若々しさに深く関わる
老化現象とUV-Aの関係

紫外線にはUV-AとUV-Bの2種類がありますが、同じ紫外線でも特に、光老化を引き起こすUV-Aをあなどると、たるみやシワといった負債を抱えてしまうことになるので、今のうちからUV-Aによるダメージから肌を守るPA値の高いUVケアでがっちり美肌貯金をしておくことが理想です。

では、UV-Aはどのようにして肌に影響を及ぼすのでしょうか。お悩み別にUV-Aとの関係性を解説します。

●シワ・たるみとUV-A

紫外線は肌のハリを保つために欠かせないコラーゲンやエラスチンにダメージを与えます。UV-Aをしっかり防御できていないと、肌の弾力が失われ、シワやたるみの原因に。

●シミ・そばかすとUV-A

紫外線を浴びるとメラニンをつくる細胞メラノサイトが活性化され、メラニン色素が過剰に生成されて肌が黒くなっていきます。これが長期にわたると、部分的にメラニン生成が過剰になりシミとなってしまうのです。

UV-AもUV-Bもどちらも美肌資産をおびやかすものですが、地表に降り注ぐ紫外線の約8割を占め、かつ真皮にまで到達するUV-Aからのダメージは、なんとしてでも阻止したいもの。未来の美肌のためにも、正しい知識をもち、毎日コツコツUVケアを積み重ねていきましょう!

Photo /Getty Images

ページトップへ