ANESSA

なるほど!紫外線対策

油断は禁物!
秋冬の紫外線対策で気をつけたいこと

夕日に向かって両手をあげる女性

夏を過ぎると、涼しくなったり、天候が優れない日が続くため、つい紫外線対策の手がゆるみがち。しかし、太陽がある限り紫外線は365日降り注いでいるもの。特に秋〜初冬にかけてはまだまだ紫外線量の多いシーズンですが、紫外線対策と乾燥対策を行っておくことで、肌の調子が落ち込みがちな冬でも、ハリや透明感をキープすることができるはずです。季節の変化に動じない隙なしの美肌をキープするためにも、本気の紫外線対策を始めませんか?

天気や体感に惑わされないで!
紫外線は356日降り注いでいる

下のグラフ「年間の紫外線量」を見てわかるとおり、紫外線量のピークは5月〜8月。しかし、体感的にだんだん過ごしやすくなってくる9月〜10月でも、紫外線量は初夏とさほど変わらないのです。

年間の紫外線量

また、「天気別で見る紫外線量」を見ると、くもりの日も雨の日も、UV-A(紫外線A波)・UV-B(紫外線B波)ともに、意外と多くの量の紫外線が降り注いでいるということがわかりますね。スカッとした秋晴れの日もあれば、台風や秋の長雨もある秋も、“肌の感覚”に騙されずに、しっかりと紫外線対策をする必要があるようです。

天気別でみる紫外線量

冬場は紫外線の“反射率&照射角”に要注意!
少しの油断で夏以上にシミリスクが高まる

12月〜2月は、1年でもっとも紫外線量が少ない季節。とはいえ、シワやたるみに影響を及ぼすUV-Aは、季節による変動が少なく常に降り注いでいます。しかも、資生堂の紫外線研究によると、冬の紫外線対策は「意識が高い人」がするものではなく、美肌を守るためにも「全ての人にマスト」なのです。

特にスキーなどのウィンタースポーツを楽しむ人は要注意! ゲレンデは標高が高いため、UV量がぐんとアップします。真夏と同じレベルの紫外線対策が必要になります。

また、ランニングが習慣になっている人も、冬であろうと紫外線対策は万全に。その理由は、紫外線の“照射角”の違い。夏場は太陽の位置が高く、紫外線は真上から降り注ぎますが、秋から冬になると太陽の位置が低くなるため、額~両頬にも紫外線が広く当たるようになります。つまり、横から顔全体に当たってしまう「360°紫外線」が発生してしまうということ。きちんと対策を打たなければ、夏場以上にシミやくすみのリスクが高まる可能性大! 長時間、屋外で汗を流すランニングの際には、汗や水に強い日焼け止めを選び、紫外線が直撃する頬まわりの「バタフライゾーン」は徹底的に守りましょう。

夏と秋の紫外線の照射角のイラスト

秋の肌ぐすみの原因は紫外線だけじゃない!
乾燥や冷えも同時進行でケアを

秋口に「肌のコンディションが良くない」と感じる人は多いもの。それは、湿度と気温がどんどん下がり続けていることが原因です。

下の3つのグラフをご覧ください。10月に入ると急激に湿度が低下するため、肌の水分蒸散量は一気に上昇していることがわかります。またこの時期、紫外線量は低下していくものの、メラニン量は減ることもなくキープされたままです。メラニンが潜伏した状態で本格的な秋冬を迎え、さらに湿度がぐっと下がって肌の乾燥が強まると、肌の中の“シミ悪化因子”が活発化する危険性があります。

シミ・くすみの原因として悪者だと思われがちなメラニンですが、本来は肌をあらゆるダメージから守る大事な存在。しかし、そのメラニンを生み出すという大切な役割を持つメラノサイトは、乾燥という刺激を受けると活性化しシミ悪化因子を生成。メラニンを過剰に生み出そうと働くため、カサつきやゴワつき、どんよりとしたくすみが目立ちやすくなるのです。

また、気温が低下することで血行不良となることも、いっそう顔色を悪く見せる原因に。UVケアだけでなく、乾燥や冷えによる血流の低下にも目を向けたケアを同時におこなうことが、お疲れ顔に見せないためのカギとなりそうです。

温度変化による肌の水分量変化表
肌色の年間変動(明るさ)
気温による血流低下

紫外線はガラスも洋服も水も透過するため、屋内にいようと長袖を着ていようと、雨の日であろうと油断は禁物。日焼け止めを朝のスキンケアルーティンに組み込んで紫外線対策を徹底すれば、365日輝くような素肌をキープできるはずですよ!

Photo/Getty Images

ページトップへ