ANESSA

なるほど!紫外線対策

守るだけではダメ!
日焼け後のアフターケアで夏老け知らずの肌へ

長椅子に横たわる女性

年々暑さが厳しくなっている日本の夏。熱中症対策はもちろん、紫外線ケアも万全ですか?
「日焼け止めをこまめに塗り直しているから大丈夫!」なんて油断は禁物。紫外線ケアは、日焼け後のケアまでこなして初めて完璧に近づくもの。日焼け止めを塗っているだけでは、暑さが和らいだ秋口になって、肌のくすみやごわつき、乾燥といったトラブルが現れてしまうことも! 夏の紫外線ダメージを持ち越さないよう、今のうちに正しい日焼け後の肌ケアを学びましょう。

うっかり日焼け!アフターサンケアをしないとどうなるの?

水着の女性

紫外線ダメージを放っておくとシミやくすみのもととなるメラニンを生成させてしまうことは、みなさんご存じですよね。でもそのメラニン、肌の奥で定着するまでにはちょっとだけ時間がかかるって、知っていましたか? つまり、うっかり日焼けをしてしまっても、メラニンがつくられるまでの間にきちんとケアをしていれば、美肌をキープできるのです。

日焼け後の肌は、通常よりも熱をもった状態。肌にこもった熱はあらゆるトラブルのもとになるので、いつも通りのお手入れだけでは不十分です。メラニンが定着してしまったら、シミやくすみが増えるだけでなく、乾燥がすすんでごわつき、ハリや弾力が失われ、シワが目立ちやすくなるなど、見た目にも老け感が一気に加速。放置する時間が長ければ長いほど、挽回するのはとても大変になるため、早めの対処が夏老けを防ぐカギとなるのです。

日焼け後の肌を優しくいたわる洗顔&保湿法は?

熱をもったまま放置すると、より炎症が悪化し、メラニンが増加してしまうことは先ほどもお話したとおり。では、海で遊んだ日の夜、うっかり日焼けをしてしまった場合、まずはどんなケアするのが正解なのでしょうか?

すぐに化粧水などで保湿をしたくなるところですが、ちょっと待って。まず優先すべきは肌の熱をしっかり鎮めること。ほてりが気になる部分に冷たいタオルをあて、熱が引くまでしっかりアイシングを。この時、肌ダメージを悪化させないよう、こすったりたたいたりしないよう気をつけて。

顔を冷やす女性のイラスト

<日焼けによる肌のほてりを取るための方法>
・シャワーなど流水で冷やす
・氷とタオルで冷やす
・保冷剤で冷やす

日焼け後の肌は乾燥しているので、洗顔は短時間でササッと。両手いっぱいに泡立てて、泡を肌の上で転がすようにしながら洗うと、ダメージを与えることなく、優しく汚れを落とすことができます。

日焼けしてしまったときの対処法は?

スキンケアをする女性のイラスト

日焼けをしてしまったときの肌は、軽いやけどと同じような状態。肌はかなりデリケートになっているので、とにかく熱が引くまで徹底的にクールダウンしましょう。肌がヒリヒリ傷むほど炎症が悪化している場合は、化粧水などのスキンケアはお休みを。

炎症がおさまったら、保湿効果のある化粧水などで肌をたっぷり潤し、肌を穏やかに整えましょう。

アイテム選びだけでなく、使い方にも注意が必要。勢いよくパッティングしたり、少ない量のクリームを塗るのは、かえって肌に刺激を与えることになるためNG。肌に負担をかけないよう、やさしく触れるようにおこないましょう。

今年の夏も暑さが厳しくなる予感。だからこそ、日射しをたくさん浴びたら日焼け後のアフターケアを習慣に。これさえできればきっと、自信の肌で秋を迎えられますよ!

Photo/Getty Images

ページトップへ