アネッサ(ANESSA)

icon_instagram

なるほど!紫外線対策

守るだけではダメ!
日焼け後のアフターケアで夏老け知らずの肌へ

長椅子に横たわる女性

年々暑さが厳しくなっていく日本の夏。熱中症対策はもちろん、紫外線ケアも万全ですか?「日焼け止めをこまめに塗り直しているから大丈夫!」なんて油断は禁物。紫外線ケアは、日焼け後のケアまでこなして初めて完璧に近づくもの。日焼け止めを塗っているだけでは、暑さが和らいだ秋口になってから、肌のくすみやごわつき、乾燥といったトラブルが現れる……なんてことも! 夏の紫外線ダメージを持ち越さないよう、今のうちに正しい日焼け後の肌ケアを学びましょう。

うっかり日焼け!アフターサンケアをしないとどうなるの?

水着の女性

紫外線ダメージを放っておくとシミやくすみのもととなるメラニンを生成させてしまうことは、みなさんご存じですよね。日焼け後の肌は、通常よりも熱をもった状態。肌にこもった熱はシミやくすみだけでなく、あらゆるトラブルのもとになるので、いつも通りのお手入れだけでは不十分です。過剰な紫外線を浴び続けた後は、シミやくすみが増えるだけでなく、乾燥がすすんでごわつき、ハリや弾力が失われ、シワが目立ちやすくなるなど、見た目にも老け感が一気に加速。だからこそ早めの対処が夏老けを防ぐカギとなるのです。

シミ・シワ・そばかすが増えていく!? 紫外線がもたらす「光老化」を徹底解説

特に注意すべきうっかり日焼けをしがちな部位とは?

紫外線ダメージを受けてしまってからリカバリーするのは、とっても大変。だからこそ、毎日使う日焼け止めは、塗りムラや塗り残しのないよう十分に気をつけましょう。

鼻や頬がうっかり焼けしやすいのは想像しやすいと思いますが、見落としがちなのが、首まわりやデコルテ。地面からの照り返しで思っている以上に紫外線ダメージを受けやすい部位です。このエリアは特に皮膚が薄くデリケートなため、年齢サインが目立ちやすいので油断は禁物。顔の肌と同じように、隙のないお手入れを習慣に。

また、凹凸があって均一に塗りにくい小鼻まわりも塗り残しやすい要注意ゾーン。赤みが目立ちやすくなるので、指先を使って細部までていねいに塗りましょう。

紫外線ケアのメリットとは

肌老化を進ませる要因の約8割が紫外線。紫外線が肌に当たると活性酸素が増え、酸化ストレスによって老化が進行してしまうため、いかに紫外線を浴びないようにするかが、10年後も20年後も美しい素肌を保つためのカギとなります。日本国内では午前10時~午後15時の間に紫外線が強く降り注ぐため、この時間帯は特に注意しましょう。

出典:老化の原因、8割は○○! 女医が教える「老化を止める生活習慣」とは

日焼け後の肌を優しくいたわる洗顔&保湿法は?

海で遊んでうっかり日焼けをしてしまった日の夜、まずはどんなケアするのが正解なのでしょうか?

すぐに化粧水などで保湿をしたくなるところですが、ちょっと待って。まず優先すべきは肌の熱をしっかり鎮めること。ほてりが気になる部分に冷たいタオルをあて、熱が引くまでしっかりアイシングを。このとき、肌ダメージを悪化させないよう、こすったりたたいたりしないよう気をつけて。

顔を冷やす女性のイラスト

<日焼けによる肌のほてりを取るための方法>
・氷とタオルで冷やす
・保冷剤で冷やす

日焼け後の肌は乾燥しているので、洗顔は短時間でササッと。両手いっぱいに泡立てて、泡を肌の上で転がすようにしながら洗うと、ダメージを与えることなく、優しく汚れを落とすことができます。

日焼けしてしまったときの対処法は?

スキンケアをする女性のイラスト

日焼けをしてしまったときの肌は、軽いやけどと同じような状態。肌はかなりデリケートになっているので、とにかく熱が引くまで徹底的にクールダウンしましょう。肌がヒリヒリ痛むほど炎症が悪化している場合は、化粧水などのスキンケアはお休みを。

炎症がおさまったら、保湿効果のある化粧水などで肌をたっぷり潤し、肌を穏やかに整えましょう。

アイテム選びだけでなく、使い方にも注意が必要。勢いよくパッティングしたり、少ない量のクリームを塗るのは、かえって肌に刺激を与えることになるためNG。肌に負担をかけないよう、優しく触れるように行いましょう。

夏肌ケアは大切! おすすめのお手入れ方法

これまでにもお伝えしてきたとおり、いちばん大切なのは、紫外線から徹底的に肌を守りぬくこと。しかし、毎日のスキンケアをきちんとていねいに行うことも、紫外線ダメージによる肌悩みを軽減させたり、回復スピードが早めることにつながるので、同じくらい大切です。

●洗顔
紫外線をたくさん浴びてしまう夏の肌は、少しの刺激にも敏感になりがち。肌をこする、潤いを奪いすぎるなど肌ダメージを悪化させないよう、毎日の洗顔は優しさ重視で行いましょう。洗顔料は手のひらいっぱいにたっぷり泡立て、肌の上で泡を転がすようにして、摩擦刺激を起こさないように洗います。泡と汚れがなじんだら、38℃ぐらいのぬるま湯で、しっかりていねいにすすぎましょう。

●保湿
紫外線ダメージを繰り返し受けてしまう夏は、角質が肥厚して水分が蒸散。うるおいを保ちにくくなり、肌の柔らかさや透明感が失われがちに。化粧水でたっぷり水分を与え、適度な油分でフタをする基本の保湿を徹底しましょう。

●スペシャルケア
シミ・そばかす・くすみには、美白系のスキンケアを。美容液やシートマスクなら、より手応えを実感しやすくなるはずです。シワ・たるみのケアには、ハリ感をアップするエイジングケア製品を。マッサージと併せて行えば、血行が促進されて、ハリ・ツヤに満ちた生きいきとした肌印象を目指せます。

今年の夏も暑さが厳しくなる予感。だからこそ、日射しをたくさん浴びたら日焼け後のアフターケアを習慣に。これさえできればきっと、自信の肌で秋を迎えられますよ!

Photo/Getty Images

ページトップへ