高梨沙羅選手独占インタビュー!
キレイの秘訣を大公開!

高梨沙羅選手独占インタビュー!キレイの秘訣を大公開!メイン画像

スキージャンプ・ワールドカップで歴代最多タイの53勝、シーズン個人総合優勝4回を成し遂げ、2018年の平昌オリンピックの活躍も楽しみなアスリートが、スキージャンプ選手の高梨沙羅さん。今回は高梨さんのスペシャルインタビューをお届けします!スキーシーズンが本格化する前にこれからのこと、いま興味を抱いていること、キレイの秘訣について……いろいろと聞いてみました。

「キレイを磨く」って楽しいですね!

最近、「美しさに磨きがかかった」「インタビューやテレビで見かけたらとってもキレイになっていて驚いた」と話題になっている高梨さん。みんなの関心事をズバリ聞いてみました!

Q:ファッションやメイクが変わったような気がしますが、なにか心境の変化がありましたか?

はい。遅い、って言われるかもしれませんが(笑)、20歳になってから外見に気を配るようになりました。今まではファッションやビューティーなど、自分磨きをする時間や余裕がなかったのですが、まわりにいる人たちから“そろそろ外見を整えていかないといけないよ”と言われたこともあって……。

実際、心がけるようになると楽しくって(笑)。メイクをするようになってから、「明るくなったね」と言われるようになりました。自分でもこの変化に驚いたのですが、ほめられるとうれしいですよね。いろいろなメイクに挑戦するのが楽しいですし、「よし、もっとメイクを学ぼう!」と気持ちが前向きになります。ヘアメイクさんに流行りのアイテムを聞いたり、メイクをキレイにするためには、肌のお手入れが大切だということも学びました。

Q:日々強い日ざしを受ける環境で練習や試合をしていると思いますが、どのようにしてキレイを保っているのですか?

スキージャンプは、フィジカル面だけでなくビューティー面でも過酷な競技なんです。雪山は寒いですし(笑)。温度、湿度ともに低いので、肌は乾燥します。肌は弱いほうではないのですが、乾燥で皮ふがむけてしまうこともあるんです。みなさんご存じないかもしれませんが、雪山でもけっこう日焼けするんですよ。競技場が標高の高いところなので、太陽がより近く感じられますし、直射日光を遮るものもありません。さらに、雪の照り返しは夏の浜辺の照り返しよりも強いんです。とくに私は日焼けしやすいタイプなので、お手入れを怠るとゴーグルのあとがくっきり、なんてことも(笑)。冬は紫外線対策プラス、スキンケア機能がついていると助かりますね。

アネッサの金ミルクは大のお気に入り。スキージャンプは、日焼けだけでなく汗もかくので、今やアネッサの日焼け止めは必需品です。夏は金のミルクタイプ、冬は乾燥が気になるので銀のしっとりタイプというように使い分けています。

もちろん、ホテルで滞在しているときや移動日でも気を配るようになりました。昨年から日焼け止めだけでなく、保湿ケアをおこない、肌のコンディションを落とさないようにしています。

Q:メイクをする際に気をつけていることはありますか?

競技中のメイクでこだわっていることといえば、やはり「落ちない」ことですね。試合中はゴーグルで顔を覆っていますが、表彰台に立つ時などメイクの時間なんてないので、「大丈夫かな?」と心配になることもありました(笑)。だから、私なりに眉毛のメイクが落ちない工夫をしていたのですが……汗や水に強いアネッサのアイブローを使うようになってから、心配する必要がなくなりました!

試合以外のプライベートでもアイメイク、特にアイラインの引き方に興味があります。この前もヘアメイクさんに、「描きました」というアイラインではなくて、まつげ際にラインを入れてからぼかす方法やレッドリップの上手な塗り方も教えていただきました。色よりも、塗り方によって印象が変わるんですね。機会があれば挑戦してみたいです。

Q:美しさに磨きをかけることは、試合や日々の練習へのモチベーションにもつながっていると感じますか?

はい。私がビューティーに気を配るようになったのも、まさにそれを実感したからなんです。「自分がどのように見られているか」「私自身、どう見られたいか」について考えるようになりました。競技中は顔が見えないですが、ヘルメットもゴーグルもとって表彰台に立った時に、やっぱりそれなりの身なりはしていたいので(笑)。それに、スキージャンプの女子選手に興味を持ってもらうきっかけになったらいいなと思います。

Q:スキンケア以外でキレイのために心がけていることがあれば教えてください 。

規則正しい生活を送り、コンディションを落とさないことを心がけています。まずは、たっぷり睡眠をとること! 目標は8時間ですが、今はなかなか十分にはとれていません。が、肌の調子は良好です。また、栄養のバランスも考えて、食事をするようにしています。

美容の面で気になっているのが「飲む点滴」とも言われる甘酒。知り合いの方が「甘酒は生きた麹からできていて、美容に良い」と聞いたので興味がありますね。まだ飲んだことはないのですが、冷蔵庫には麹が入っています(笑)。挑戦してみたいです。

Q:休み時間、オフの時間ができたら、選手仲間や友人と何をしたいですか?

シーズンに入ると遠征続きになるので、あまり休みはないのですが、リフレッシュする時間は必要だと思います。今は、移動日がオフみたいな感じです。シーズンが終わったら、ドライブしたいですね。今、思いつくのは甘酒のための麹を買いに酒蔵巡りとか(笑)。あとは温泉など、いろんなところへ行きたいです。

Photo/Taisuke Yokoyama

 

関連商品

この記事を見た人にオススメ

注目の記事

キーワード

\ シェアお願いします /

  • シェア
  • ツイート

ページトップへ