秋仕様の紫外線対策は
保湿&血流UPの“+α”がカギ!

秋仕様の紫外線対策は保湿&血流UPの“+α”がカギ!メイン画像

“史上最強の酷暑”といわれた今年の夏も過ぎ去り、気づけばあっという間に秋の空気に。涼しくなったり、天気が優れない日が続くこの時期は、つい紫外線対策の手がゆるんでしまいがち。ですが、9月〜10月はまだまだ紫外線量の多いシーズン。ここであともうひと踏ん張り、ケアをしっかりおこなっておくことで、冬でもハリや透明感をキープすることができます。今こそ本気の紫外線対策、始めませんか?

グラフを見れば歴然!
紫外線は秋もしっかり降り注いでいる

下のグラフ「年間の紫外線量」を見てわかるとおり、紫外線のピークは5月〜8月なのですが、9月〜10月も日差しの強さが和らいできたなと感じていても油断は禁物! しっかりとケアをしないといけないことがわかりますよね。

また、「天気別で見る紫外線量」を見ると、くもりの日も雨の日も、UVA波・UVB波ともにこれだけの量の紫外線が降り注いでいるということがわかります。スカッとした秋晴れの日もあれば、台風や秋の長雨もある今の時期、“肌の感覚”に騙されずに、しっかりと紫外線対策をする必要があるようです。

秋の肌ぐすみの原因はメラニンだけじゃない!
乾燥や冷えも同時進行でケアを

この時期、「肌のコンディションが良くない」と感じやすいのは、湿度と気温がどんどん下がり続けていることが原因だということをお忘れなく。

下の3つのグラフに注目を。10月に入ると急激に湿度が低下するため、肌の水分蒸散量は一気に上昇。また、夏の間に蓄積されたメラニンと、気温の低下による冷えといった多くの要因が一気に押し寄せ、カサつきやゴワつき、どんよりとしたくすみが目立ちやすくなります。

また、気温が低下することで血行不良となることも、いっそう顔色を悪く見せる原因に。UVケアだけでなく、乾燥や冷えによる血流の低下にも目を向けたケアを同時におこなうことが、お疲れ顔に見せないためのカギとなりそうです。

「防御」「保湿」「血流UP」がカギ!
秋肌仕様の3つの紫外線対策

夏のダメージを引きずりながらも、乾燥や冷えといった新たなトラブル要因が待ち構えている秋は、「防御」「保湿」「血流UP」を意識したお手入れがマスト。秋の肌環境を考慮した“3つの掟”を守って、くすみも乾燥も冷えも撃退しましょう!

【その①】
UVケアでメラニンの蓄積をブロック
夏に引き続き、紫外線対策は万全に。顔全体に日やけ止めクリームやUVカット機能つきのBBクリームなどを塗ったあと、おでこや鼻筋、頬骨など顔の“凸”部分に重ね塗りをすることをおすすめします。

【その②】
美白系保湿スキンケアでうるおいと透明感をチャージ
夏の間はパパッと済ませたお手入れでも何とか乗り切れたかもしれません。ですが、湿度の低い秋は念入りなお手入れが必要です!スキンケアラインを美白系で揃えたり、乳液をクリームにスイッチしたりと、基本のお手入れをアップデートさせて、ワンランク上のうるおいと透明感を目指しましょう。

【その③】
血流を促す入浴やマッサージでイキイキ感UP
気温が低下して肌寒くなる秋は、少しの時間でもお風呂であたたまる習慣を。からだ全体の血流がスムーズに促され、透明感がUPします。また、マッサージをプラスすればイキイキとした印象を取り戻せますよ。

マッサージは、こめかみをプッシュする“ツボ押し”でもOK。スキンケア時なら指すべりも良くて肌に負担がかからず、なじませるついでにできるので、無理なく続けられますよね。3つの紫外線対策を意識して、ハリ・ツヤ・輝きに満ちた自信の秋肌を育んでください。

Photo /Getty Images

 

関連商品

この記事を見た人にオススメ

注目の記事

キーワード

\ シェアお願いします /

  • シェア
  • ツイート

ページトップへ