ランニング後もキレイをキープ!
汗をかいても落ちにくい最旬メイク術

ランニング後もキレイをキープ!汗をかいても落ちにくい最旬メイク術メイン画像

オリンピックに向けてスポーツ熱がどんどん高まっていく今、トレーニングが習慣化している女性たちが急増中! その一方で、「パンダ目に気づかずランニングしていて恥ずかしかった」「ホットヨガ後に鏡を見たら眉がなかった」などというお悩みもよく聞かれるようになりました。そこで今回は、たくさん汗をかくスポーツシーンでもキレイをキープする“スポーツビューティーメイクアップ術”をご紹介。資生堂ビューティークリエーション研究所が、アーティスト発想のアイテム選びからメークTIPSまで徹底指南します。

スポーツシーンで“盛り”はNG!
最低限のポイントのみ押さえた“抜け感”が大事

「どうせ汗をかくから……」とメイクをせずに運動する人も少なくありませんが、ランニングやゴルフ、トレッキング、ヨガ、ジムでのエクササイズなど、不特定多数の人目に触れるスポーツシーンでは、さすがに“どすっぴん”は気が引けますよね。

とはいえ、スポーツするのにばっちりメイクというのもTOO MUCH。肌はトーンを均一に整える、眉は足りない部分のみ1本1本描き足す、口もとは自然な血色感を出すなど、パーツごとに最低限のポイントを押さえた“抜け”のあるメイクにすることで、スポーツシーンでも違和感なくキレイな印象をキープすることができます。

では、たくさん汗をかいても落ちないようにするにはどうしたら?「アイメイク派」さん&「ナチュラルメイク派」さん別のスポーツメークTIPSをお教えします。

「目ヂカラ命!」のアイメイク派さんは……
仕込みパウダーと目尻ラインでパンダ目回避

●アイテム選びのポイント

[アイシャドウ]
まぶたへの密着度の高いクリームタイプのアイシャドウをチョイス。色は淡く肌なじみの良い色を選ぶと、汗でメイクがくずれても目立ちません。

[アイライナー]
にじみにくいウォータープルーフのリキッドタイプを選びましょう。

[チーク]
肌なじみの良いクリームタイプやリキッドタイプがおすすめ。

●メイクTIPS

[アイシャドウ]

指またはチップにクリームアイシャドウをとり、まぶたのキワからアイホール全体にぼかします。こうすることで自然なグラデーションがつき、淡い色でも目もとを印象的に見せることができます。

[アイライナー]

①綿棒やティッシュなどで目のキワに残っている油分を拭き取ります
②パンダ目防止に下まぶたにおしろいを軽くつけておきます
③ラインを引くのは目尻のみ。下まぶたとの接点が少なくなるため、落ちにくくなります。

[チーク]

①スポーツ時は血色が良くなるため、ほんのり色を感じる程度につけます。
②肌なじみの良いクリームタイプやリキッドタイプのチークカラーを、頬の高いところを中心に指先でトントンとなじませます。
③一気に色をのせようとせず、少量ずつ重ねていくことで、発色をコントロールしやすくなります。

「目指せすっぴん美人!」のナチュラルメイク派さんは……
BBクリーム&リキッドアイブローがカギ!

●アイテム選びのポイント

[ベース]
UVカット機能つきのBBクリーム。サラサラ感触のものが◎。

[アイブロー]
1本1本足すように自然に描けるリキッドアイブローがおすすめ。

[口紅]
保湿効果が高く、色もちの良いティントタイプがおすすめ。カラーはベージュ、オレンジ、淡いピンクをチョイス。

●メイクTIPS

[ベース]
①スキンケアの後、適量を手にとり、両頬・額・鼻・あごに5点置きし、顔の内側から外側へ向かってのばし広げます。
②この時、くるくると指先で円を描きながら広げることで、肌にムラなくのび、密着力もアップします。

[アイブロー]
①眉を描く前に、おしろいで眉をおさえサラサラにしておきましょう。より落ちにくくなります。
②筆ペンタイプのアイブローで、眉の足りない部分のみ1本1本描き足すと自然に仕上がります。細いラインを描きたい時は、ペン先を立てると上手に描けます。

[口紅]
①屋外でのスポーツ時には日やけ止め効果のあるリップクリームをベースに塗ります。
②肌なじみの良い発色のティントリップを重ねます。

アイシャドウやチークは、落ちても目立たない肌なじみの良いナチュラルカラーがベターですが、汗の影響を受けにくい口もとは色で遊んでもOK!ウエアのカラーやデザインに合わせて口紅の色を選ぶと、より洗練された印象になります。

スポーツというアクティブなシーンには、日常よりも鮮やかなカラーが良く似合うので、どんな時でもメイクを楽しみたい人は参考にしてください。

Photo/ Getty Images

 

関連商品

この記事を見た人にオススメ

注目の記事

キーワード

\ シェアお願いします /

  • シェア
  • ツイート

ページトップへ