アネッサCMトリビア<後編>
CMソングに「アネッサ」の
ワードが仕込まれている!?

アネッサCMトリビア<後編>CMソングに「アネッサ」のワードが仕込まれている!?メイン画像

前編ではアネッサのCMヒストリーを振り返りましたが、後編では、アネッサがこだわり続ける“CMソング”にフィーチャー。制作の裏話について教えていただきました!

“やさしい日やけ止め”を
男女に例えた歌詞が話題に

言うまでもなく、限られた時間のなかで、いかにして製品の魅力を訴求するかがCM の使命。ずっと“最強”“絶対やかない”とうたってきたアネッサも、化粧品業界全体が“やさしさ訴求”へとシフトしていた時代には、やさしさにも配慮しているよ、というメッセージを伝える必要がありました。そうして制作されたのが、2010年の蒼井優さんのCM。蒼井さんが男性の手を引いて階段を駆け上がるシーンが印象的でしたが、なぜこのシチュエーションにしたのでしょう?

「肌にやさしいとうたっている製品でも、使ってみたら結局やけちゃった、ということってけっこうあると思うんです。でもそれって、ダメな男と同じだなあと思って(笑)。やさしいと思って付き合ってみたけれど、イザという時に頼りにならなくて逃げていっちゃった、みたいな(笑)。そこで、男女の関係に例えたチュエーションを考えました」(資生堂クリエーティブディレクター・小野健)

CMソングを担当してくれたクリープハイプの尾崎世界観さんにも相談して、イメージに合う歌詞を考えたそう。

「そうしてできたのが“愛しいだけじゃ足りないし 嬉しいだけじゃ不安だし 優しいだけじゃ意味ないし”という歌詞。ちなみに、サビの“連れていってあげるから、憂、燦々”というのは、アネッサの太陽と(蒼井)優さんを印象づけるために入れていただきました」(小野)

キュートな女性にメロメロになるストーリーには
ユニコーンを起用!

しばらく“やさしさ訴求”やタウン使用を強く訴求していましたが、やっぱりアネッサと言えば夏。元気でヘルシーな感じにしようという狙いで制作されたが2014年の長谷川潤さん×ユニコーンのCMでした。太陽が眩しいハワイでお買い物を楽しむ潤ちゃん、とってもキュートでしたよね? しかしなぜ、ユニコーンの曲と組み合わせたのでしょうか?

「長谷川潤ちゃんが、初々しくてキュートだったので、歌はそれを見ている男性目線でつくったらおもしろいんじゃないかと思いました。フレッシュできれいな女の子の手のひらの上で転がされている僕らみたいなおじさん、というイメージです(笑)。それで、CMソングもそんな感じにしたくて、思いきってユニコーンのみなさんにオファーしてみたんです。あまりこういうオファーを受けてこなかったようですが、コンセプトに共感していただいて、快諾していただきました。」

歌詞の内容にもひと工夫していただいたとか?

「訴求する製品がアネッサ初のジュレタイプであることは、コピーなどで伝えてはいたのですが、まさか冒頭で“ジュレーーーー!”とシャウトしてくれるとは思っていなくて、びっくり(笑)。『あなたが太陽』というタイトルもアネッサを想起させますし、バックコーラスでもずっと“ジュレジュレ”言ってくれていて、こんなに歩み寄っていただけるなんて、と感動しました」(小野)

アネッサの撮影では、完成版ではなくとも実際に使用するCMソングを流しながら撮影するのが小野さんのこだわり。この長谷川さんのハワイロケでも、『あなたが太陽』をかけながら、ノリノリで撮影したのだそう。

「ハワイのメインストリートを通行止めにしての撮影はけっこう大変でしたが、撮影中にユニコーンの奥田民生さんから、もっと良いものができたと修正版が送られてきたことが印象深かったですね。素晴らしい曲とともにCMも素敵な作品に仕上がりました。現場でCMソングを流すのは、ビジュアルとのマッチングを図るためにずっとこだわってやっていること。借りてきた音楽を流すだけでは、人の印象には残らないし、タイアップとしては意味がないですよね。単なるBGMでは意味がないんです」(小野)

15秒や30秒といった短い時間の中に込められた、製品や制作スタッフのこだわりや熱意を知ると、CMを見る目も変わってくるのではないでしょうか。2018年にオンエアされる予定のCM撮影も着々と進んでいるそう。モデルはあの人? コラボアーティストはいったい誰? 今後もアネッサのCMにご注目ください!

株式会社 資生堂 宣伝・デザイン部
チーフクリエーティブディレクター
小野健
武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科を卒業後、1990年にグラフィックデザイナーとして資生堂宣伝部に入社。1994年からアートディレクター兼CMプランナーとして国内化粧品ブランド(ティセラ、PN、TSUBAKI、エリクシールなど)の広告を中心に携わる。現在は、アネッサを中心にクリエーティブディレクター&CMディレクターとして活動。

関連商品

この記事を見た人にオススメ

注目の記事

キーワード

\ シェアお願いします /

  • シェア
  • ツイート

ページトップへ