UVケアの常識、非常識
紫外線吸収剤とはいったい何?

UVケアの常識、非常識。紫外線吸収剤とはいったい何?メイン画像

UVケアは今や年中行事ですが、紫外線量がピークになる季節は特に、SPF値やPA値の高い高機能な日やけ止めが欠かせませんよね。だからこそ気になるのが、肌への負担。特にパワフルな日やけ止めに使われることの多い「紫外線吸収剤」に対して、ネガティブなイメージを持っている人は少なくないようです。

では実際に、紫外線吸収剤の肌への負担はどのくらいのものなのでしょうか?そもそも、紫外線吸収剤を使うのはなぜ?知っているようで知らない、紫外線吸収剤についてお伝えします。

化粧品に使われる紫外線防止剤には
“紫外線吸収剤”と“紫外線散乱剤”の2種類がある!

紫外線ダメージから私たちの肌を守ってくれる日やけ止め乳液やUV下地。こうした化粧品が、どうやって紫外線から肌をガードしてくれているのかというと、“紫外線防止剤”のおかげなのです。

紫外線防止剤は、おもに「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類。製品の特性によって、どちらかのみを配合しているものと、両方配合しているものがあります。

紫外線吸収剤
・紫外線を皮膚の表面で吸収し、肌内部への侵入を防ぐ
・吸収した紫外線のエネルギーを熱などに変えて放出

紫外線散乱剤
・酸化チタンや酸化亜鉛などで肌を覆って、紫外線を物理的に跳ね返す
・肌への負担が少ない

紫外線吸収剤は肌に負担?

紫外線吸収剤の魅力は、なんといっても紫外線防止効果が高いこと。皮膚の上で紫外線のエネルギーを吸収し、他のエネルギーに形を変えて放出することで紫外線ダメージの肌への侵入を防ぎます。“化学変化によって別の物質に変える”という過程で、まれに刺激を感じる人もいます。そのためネガティブなイメージを持たれがちですが、一般的に化粧品に使用される紫外線吸収剤は皮膚への負担が少なく、安全性の高いものが選ばれます。

アネッサのマイルドタイプは低刺激処方

アネッサからこの春誕生したデリケート肌用の日やけ止め「パーフェクトUV アクアブースター マイルドタイプ」SPF50+と「エッセンスUVアクアブースター マイルドタイプ」SPF35もそのひとつ。紫外線吸収剤を原料レベルで敏感肌の人へ実際にパッチテストをおこない、使用する原料を厳選しています。強力な紫外線をブロックする効果と、肌への優しい使い心地を両立し、つくられた日やけ止めです。

他にも、白くなく、みずみずしい感触、汗で流れにくいなど、日やけ止めに対するネガティブなイメージを払拭する魅力を兼ね備えているのも、新しいアネッサのマイルドタイプの特長でもあります。

紫外線吸収剤、紫外線散乱剤にはそれぞれの役割があり、どちらかが良くてどちらかが悪いというものではありません。何より優先すべきは、紫外線のダメージからきちんと肌を守ること。長時間太陽の光にさらされるレジャーシーンでは紫外線防御剤が入ったものをしっかり塗る。肌への優しい使い心地を優先したい時には、刺激の少ない紫外線吸収剤や紫外線散乱剤を使ったものを選ぶというふうに、シーンや目的に合わせて上手に使い分けましょう。

photo / Getty Images

 

関連商品

この記事を見た人にオススメ

注目の記事

キーワード

\ シェアお願いします /

  • シェア
  • ツイート

ページトップへ