夏が終わっても肌トラブル急増中。
その原因は乾燥にあり!

夏が終わっても肌トラブル急増中。その原因は乾燥にあり!メイン画像

肌を刺すような強い紫外線、うだるような暑さ、効きすぎる冷房など、夏の肌環境は年々激しさを増し、その過酷さは冬以上!?汗や皮脂で湿った肌の内側では、着々と乾燥が進んでいること、気づいていましたか?

そんな夏もようやく終え、秋へと季節が変わるとき。ですが、今このときこそ、肌にとっては油断大敵。暑さがひと段落した頃に泣かないための正しい保湿ケアをご紹介します。

夏の乾燥はエイジングに直結!
その5大原因とは?

湿度が高い日本の夏は“肌が乾燥している”と感じにくく、お手入れが手薄になりがち。乾燥はあらゆるエイジングの引き金になるため、放っておくと、シミ、シワ、たるみ、くすみなど、深い肌悩みにつながっていきます。では、夏の肌はなぜ乾燥するのでしょう?代表的な5大要因についてご紹介します。

<その1> 大量の汗によるうるおい流出
ご存知のとおり、人間は暑いと汗をかいてからだを冷やそうとします。適度な汗ならまだいいのですが、今年のような酷暑の場合、汗の量は増加します。健やかな肌を構築する成分までもが汗と一緒に流出してしまうので、肌の中はカラカラに。また、汗をふく回数が増える分、肌表面の水分も奪われやすく、ゴワつきやカサつきを感じやすくなります。

<その2> 夏バテによる栄養不足
アイスクリームやそうめん、ジュースなど、夏は冷たいものばかり食べて過ごしがち。ダイエットになるから良いか、と思っている人は要注意。食事量が減るということは、たんぱく質や脂質、ビタミン、ミネラルといった肌の潤いやハリの材料が減ってしまうということなので、肌はだんだんカサつき、しぼんでいく可能性大!

<その3> 紫外線
紫外線は、肌の機能を壊してしまうので、うるおいを維持していくことが難しくなります。肌はバリア機能が失われると、角質を溜め込んで自らを守ろうとする機能が働き、角質が肥厚。そうなるとスキンケアの浸透が悪くなるので、より肌の乾燥が進むという悪循環に!

<その4> 夏冷え
冷房の効いた部屋で長時間過ごすことが増えると、当然、からだは冷えていきます。そこに冷たい飲み物や食べ物が加わると、からだはさらに芯から冷え、血行不良に。その結果、肌に栄養が届かなくなって乾燥が加速してしまうのです。

<その5> 油分なしのさっぱりスキンケア
最近のスキンケア事情について聞いてみると、驚きの声が! というのも、化粧水や美容液といった“水分”のお手入れは習慣にしている人が多いものの、乳液やクリームといった“油分”のお手入れは、ベタつくからと避ける傾向にあるといいます。しかし、前述のとおり、夏の肌はカラカラの砂漠状態。どんなに化粧水を入れ込んでも、油分のフタをしないと潤いがどんどん逃げてしまい、“夏枯れ肌”状態に。

目指せ、冬までうるツヤ肌!
正しい乾燥対策をマスターしよう

では、夏枯れ肌はどのように予防したらよいのでしょう? 5つの乾燥要因を踏まえたお手入れテクニックをご紹介します。

STEP1「毎日5分でも湯船に浸かる」
1日の終わりには、5分でも良いので湯船に浸かるようにしましょう。全身の血行がアップして、肌のすみずみにまで栄養が届きやすくなり、乾燥しにくい肌になります。

STEP2「化粧水のあとは必ず油分でフタをする」
クレンジングや洗顔で汗や汚れをきちんと落としたあとは、化粧水や美容液で水分をしっかりチャージ。そして、最後に必ず乳液やクリームなどの油分でフタをしましょう。ベタつきが苦手という人は、さっぱりタイプの乳液やみずみずしいジェルクリームなどがおすすめ。

STEP3「日やけ止めで紫外線ダメージ回避」
肌ダメージの元凶である紫外線をしっかりブロックしなければ、どんなお手入れも水の泡になるかも……。夏のピークが過ぎたといえ、油断は禁物。日中のおでかけ時には顔にもボディにも必ず塗ることを習慣に。

肌表面がしっとりしていて自覚しづらい分、夏から秋にかけての乾燥は冬の乾燥より厄介なもの。暑さと紫外線がピークの今から乾燥を徹底的にブロックしておけば、ハリ・ツヤ・うるおい・透明感の揃った美肌で秋を迎えられるはず。夏枯れ肌にならないように今日から始めましょう!

photo / Getty Images

 

関連商品

この記事を見た人にオススメ

注目の記事

キーワード

\ シェアお願いします /

  • シェア
  • ツイート

ページトップへ