夏はおしゃれに抗酸化パワーをチャージ!
「ベジタブル寿司ボウル」

夏はおしゃれに抗酸化パワーをチャージ!「ベジタブル寿司ボウル」メイン画像

日本にスーパーフードを広めたスーパーフードクリエーター・WOONINさんが、紫外線シーズンにぴったりのビューティーレシピをご提案するFOOD連載第4弾。今回は、抗酸化パワーをたっぷりチャージできる、おしゃれでヘルシーな“ベジタブル Sushi Bowl(寿司ボウル)”をご紹介します。

抗酸化食材をたっぷりチャージして
夏老けしないからだへ

まだまだ紫外線の影響が強いこの時期。日やけ止めや美白コスメでのスキンケアにプラスして、からだの中からも紫外線に立ち向かうパワーをつけたいですよね。そういう時こそ積極的に摂りたいのが“抗酸化”食材!

「今回ご紹介するレシピは、土台の酢飯からトッピングの野菜や魚まで、すべて抗酸化食材をたっぷり使っているので、紫外線ダメージが気になる夏のランチにぴったり。特に、酢飯に使ったりんご酢は抗酸化作用に加え、肝臓・腎臓のクレンズをサポートしてくれるので、ターンオーバーがスムーズになり、肌の透明感アップが期待できます。また、紫外線から肌を守る抗酸化成分アスタキサンチンを豊富に含むスモークサーモンやポリフェノールたっぷりのエクストラバージンオリーブオイルも夏老けを防ぐために積極的に摂りたい食材。植物性、動物性の抗酸化成分をバランスよく取り入れて、美味しく効率よく、シミのできにくいからだを目指しましょう」(WOONINさん)

抗酸化対策もインスタ映えもバッチリ!
「ベジタブルSushi Bowl」レシピ

[材料](2人分)
<酢飯>
[A]
・白米・・・1カップ(炊く前の量)
・フリーカ(お好みで)・・・大さじ2
[B]
・りんご酢・・・大さじ1
・エクストラバージンオリーブオイル・・・大さじ1
・いりごま・・・大さじ1/2

<トッピング食材>
・スモークサーモン・・・5〜6切れ
・柑橘類・・・3〜4房
・アボカド・・・1/6個
・きゅうり・・・1/3本
・ラディッシュ・・・1〜2個
・枝豆(塩ゆで)・・・大さじ2
・にんじん・・・適量
・パクチー・・・適量
・いりごま・・・適量
・きざみ海苔・・・適量

●仕上げにプラスして、もっと美味しく!
・エクストラバージンオリーブオイル
・お好みのドレッシング
・醤油
・レモン
・塩
※すべてお好みで

[つくり方]
①[A]を混ぜ合わせて炊く。フリーカがなければ白米のみでもOK。
②炊きあがったご飯をボウルに移し、[B]をよく混ぜ合わせ器によそう。
③サーモンやアボカド、柑橘類などを盛りつけて、お好みで塩やレモンをかけたらできあがり。

「抗酸化パワー食材を使うことにプラスして、加熱しないフレッシュな野菜をそのままたっぷり盛り込んでいるところもポイント。フレッシュな野菜に多く含まれる肌のビタミンA・C・E、フィトケミカルなども一緒に取り入れられるうえ、味の緩急もついてよりいっそう美味しくなります」とWOONINさん。

塩ゆでした枝豆やスモークサーモンの塩気が、りんご酢の優しい酸味とマッチ。お好みでレモンを絞ったり、バルサミコ酢でコクと酸味をプラスしたり、お好みのドレッシングをかけても美味しくいただけます。一皿で美味しく手軽に、抗酸化パワーをチャージできる夏に嬉しいSushi Bowl。トッピング食材をアレンジしながら、ぜひトライしてみてくださいね!

(取材協力)

WOONIN(ウーニン)
スーパーフードクリエーター。ローフード教室「R.A.W.」主宰。雑誌や書籍でのレシピ開発やフードスタイリング、企業の商品開発などヘルシー&ビューティー業界で活躍中。

Photo/Mizuho Takamura

 

関連商品

この記事を見た人にオススメ

注目の記事

キーワード

\ シェアお願いします /

  • シェア
  • ツイート

ページトップへ