守るだけではダメ!
夏老けを防ぐ
アフターサンケアのすすめ

守るだけではダメ!夏老けを防ぐアフターサンケアのすすめメイン画像

過去最強の暑さともいわれる今年の夏。熱中症対策はもちろん、紫外線ケアも万全ですか?「日やけ止めをこまめに塗り直しているから大丈夫!」と安心していてはいけません。紫外線ケアは、サンプロテクトとアフターサンケアをセットでおこなって初めて完璧に近づくもの。日やけ止めを塗っているだけでは、暑さが和らいだ秋口になって、肌のくすみやごわつき、乾燥といったトラブルが現れてしまうかもしれませんよ。夏の紫外線ダメージを持ち越さないための、正しいアフターサンケア方法を学びましょう。

うっかり日やけ!
アフターサンケアをしないとどうなるの?

紫外線ダメージは、シミやくすみのもととなるメラニンを生成させてしまいます。ですが、そのメラニン、肌の奥で定着するまでにはちょっとだけ時間がかかるということ、ご存知でしたか? つまり、うっかり焼けをしてしまっても、メラニンがつくられるまでの間にしかるべきケアをしていれば、秋に泣かなくて済むのです。

日やけ後の肌は、通常よりも熱をもった状態になります。つまり、普段どおりのケアでは不十分。いつも以上に肌をいたわらなくてはいけません。メラニンが定着したら、シミやくすみが増えるだけでなく、乾燥がすすんでごわつき、ハリや弾力が失われ、シワが目立ちやすくなるなど、見た目にも老け感が一気に加速。放置する時間が長ければ長いほど、挽回するのはとても大変になるため、早めの対処が夏老けを防ぐカギとなります。

まずはクールダウンをして、
メラニン増加を阻止しよう

先ほどもお話したとおり、熱をもったまま放置するとより炎症が悪化し、メラニンが増加してしまいます。では、海で遊んだ日の夜、うっかり焼けをしてしまった日、まずは何をしたらよいのでしょうか?

まずは、熱をとるためにクールダウンすることが先決!
簡単かつ素早くできる肌を冷やす方法は以下の3つ。ほてりが気になる部分をすみやかに冷やしましょう。

●シャワーなど流水で冷やす
●氷とタオルで冷やす
●保冷剤で冷やす

保湿効果の高い
収れん化粧水で潤いチャージ

ほてった肌を落ち着かせたら、こんどは保湿ケアを。収れん化粧水などで肌をたっぷり潤し、整えます。強いパッティングや少ない量のクリームを塗るのは、かえって肌に刺激を与えることになるため注意が必要です。肌に負担をかけないよう、やさしく触れるようにおこないましょう。

日やけ後の肌はとても敏感な状態なので、いつものスキンケアでは肌に合わない場合も。そんな時は、敏感肌用のスキンケアに変えてみることもおすすめです。
ただし、肌がヒリヒリ傷むほど炎症が悪化している場合は、化粧水などのスキンケアはお休みを。まずは冷たいタオルなどでアイシングをし、ほてりをおさえることを優先して。

今年の夏は長引く予感。だからこそ、日ざしをたくさん浴びたらアフターサンケアのセットケアを。これさえできればきっと、自信の肌で秋を迎えられますよ!

photo/Getty Images

 

この記事を見た人にオススメ

注目の記事

キーワード

\ シェアお願いします /

  • シェア
  • ツイート

ページトップへ