意外と知らない?
赤ちゃんのためのUVケア・日焼け対策

意外と知らない?赤ちゃんのためのUVケア・日焼け対策メイン画像

お出かけが楽しい春が到来!冬の間はお部屋でぬくぬくする日が多かった赤ちゃんも、バギーに乗ってママと外出する機会が増える時期ですよね。

楽しみが増えた分、やっぱり気になるのが紫外線。デリケートな赤ちゃんの肌には、どんな日やけ止めを使うべき?肌にやさしいぬり方、落とし方は?ベビーサンケアにまつわる基礎知識をQ&A方式で解説します!

知ってる?
赤ちゃんの肌構造は大人と違うこと
春先から紫外線対策をしっかりおこなって

赤ちゃんの皮膚はとてもデリケート。だからこそ紫外線ダメージから守ってあげたいけれど、サンケア製品の肌への負担が気になって……というママも多いはず。そもそも、赤ちゃんの肌は大人の肌とどんな違いがあるのでしょう?

「赤ちゃんも大人も肌の構造自体は同じですが、赤ちゃんの肌は角層が薄く皮脂腺も未発達なので、外部刺激を受けやすい状態にあります。また、水分量、皮脂量が少なく季節によってはバリア機能が弱くなるため、冬から春にかけての乾燥シーズンは特に注意が必要です」(資生堂 グローバルイノベーションセンター 化粧情報開発センター コスメティクス ブランド情報開発グループ國澤直美)

愛おしい赤ちゃんの肌をすこやかに保つためには、やっぱり春先からのUVケアがマストのよう。本格的な紫外線シーズンに突入する前に、ベビーサンケアの基礎知識を今のうちにマスターしておきましょう!

その使い方、ホントにあってる?
赤ちゃんのためのサンケアQ&A

Q1、赤ちゃんにはどんなUVケアを選べばいいの?
赤ちゃんの肌にも使えるマイルドタイプの日やけ止めを選びましょう。無添加・無香料・無着色のもの、せっけんで簡単に落とせるもの、ある程度のSPF値とPA値があるもの、のびがよくぬりやすいものが◎。

Q2、肌への負担が心配。帽子やバギーの日よけだけではダメ?
アスファルトの照り返しや、空気中の微粒子による散乱など、紫外線はたとえ日陰にいても容赦なく降り注ぎます。また、赤ちゃんの肌は薄いため、紫外線ダメージが到達しやすいため、赤ちゃんの肌を思うなら外出するときには日やけ止めをぬってあげましょう。

Q3、赤ちゃんの肌に日やけ止めをぬるとき、注意することは?
基本的には大人のぬり方と変わりません。適量を手のひらにとり、顔の5カ所(額・両頬・鼻・あご)に置き、ていねいにのばします。全体にまんべんなくのばしたら、もう一度同量を重ねづけしましょう。からだに使用する場合は、つける場所に線を描くように直接塗布。その後、手のひら全体を使って大きく円を描くようになじませます。

Q4、肌に負担をかけずに落とすには?
顔は洗顔料、からだはせっけんやボディソープを使い、よく泡立てて力を入れずにやさしく洗います。なかなか落とせない場合は、濡らした肌に手にとったせっけんやボディソープを直接なじませ、その後よく泡立ててボディタオルやスポンジでていねいに洗いましょう。

Q5、赤ちゃんが日やけしてしまいました!どうすれば?
まずは肌に負担をかけないようやさしく洗浄してから、肌を濡れタオルでよく冷やします。保冷剤は低温やけどを起こす可能性があるので使用は控えましょう。その後、保湿ローションで乾燥を防ぎます。日やけの程度が重い場合はすみやかに病院へ。

初めて見るものや触れるもの、聞いたことのない音など、赤ちゃんにとって外の世界は心とからだの成長によい影響をもたらしてくれるはず。正しいベビーサンケアをマスターして、赤ちゃんとのお出かけを思いきり楽しみましょう!

取材協力)
資生堂 グローバルイノベーションセンター 化粧情報開発センター
コスメティクス ブランド情報開発グループ
國澤直美

photo/Getty Images

 

関連商品

この記事を見た人にオススメ

注目の記事

キーワード

\ シェアお願いします /

  • シェア
  • ツイート

ページトップへ