未来のシミ・シワ・たるみは
「うっかり日やけ」が原因?
紫外線警報、発令中!
先手必勝UVケアで輝く美肌へ【前編】

未来のシミ・シワ・たるみは「うっかり日やけ」が原因? 紫外線警報、発令中! 先手必勝UVケアで輝く美肌へ【前編】メイン画像

気温と紫外線量は無関係!
春も秋レベルのUVケアが必要だった

紫外線シーズンといえば、じりじり暑い夏をイメージする人が多いのでは?でも実際は、気温と紫外線量は関係なし!春先も夏の終わりと同レベルの紫外線量が降り注いでいるのです。涼しいからと油断してUVケアのスタートダッシュが遅れると、紫外線貯金は確実に増加。シミやたるみが深刻化して、あとの巻き返しが大変に……。大人の肌は1分1秒も無駄にできないからこそ、先手必勝の紫外線対策を習慣にすることが大切なのです。

じつはこんなこともシミの原因に!?
春の“うっかり日やけ”度CHECK

自分のなかでは完璧!と思っていても、紫外線の脅威は思いも寄らぬところに潜んでいるもの。あなたのUVケアレベルがどのくらいなのか、さっそく下記のリストでチェックしてみましょう。たくさん○がつくほど、うっかり日やけしている可能性大!

□春の日やけ止めはSPF&PA値の低いものでOK
□朝のゴミ出しや近所のコンビニはすっぴんで行っちゃう
□オフィスではいつも窓側の席に座っている
□天気がいい日はテラス席がお約束
□肌のために曇りの日は日やけ止めを省略してます
□日陰を探して歩いているからやけない自信アリ

紫外線から逃げ切るのは難しい。
だからこそ春から警戒レベルをMAXに!

紫外線はガラスも洋服も水も透過するため、たとえ屋内にいても油断は禁物。晴れた日の屋外ほどではないにしろ、小さな“うっかりやけ”が積もり積もって肌に影響を与えてしまうため、注意が必要なのです。

ランやゴルフ、サーフィンなど、オフの日にアクティブに過ごす人は、ただでさえ通常より多くの紫外線を浴びてしまうので、ウォータープルーフのものや肌への密着性が高くUVカット効果の持続性が高いものなど高機能な日やけ止めを選んで、春先であっても警戒レベルをMAXに。夏を越えても輝くような素肌をキープできるよう、早め早めの対策をおこないましょう!

photo / Getty Images

 

関連商品

この記事を見た人にオススメ

注目の記事

キーワード

\ シェアお願いします /

  • シェア
  • ツイート

ページトップへ