アネッサ(ANESSA)

icon_instagram

広告ギャラリー

Graphic

Behind the Scenes

TVCM メイキングフォト
TVCM メイキングフォト
TVCM メイキングフォト
TVCM メイキングフォト
TVCM メイキングフォト
TVCM メイキングフォト
TVCM メイキングフォト
TVCM メイキングフォト
TVCM メイキングフォト
TVCM メイキングフォト
TVCM メイキングフォト
TVCM メイキングフォト

Profile

森 星(もり ひかり)

森 星 (もり ひかり)

1992年生まれ。東京都出身。
2017年よりアネッサの新ミューズに就任。
これまで、資生堂 インテグレートのミューズをつとめるなど、モデルとして数々の広告やファッション誌などで活躍。あかるく天真爛漫なキャラクターから、さまざま分野で活躍の場を広げている。現在、自身2冊目のスタイルブック「starlish*」(宝島社)が発売中。

蛯原 友里 (えびはら ゆり)

蛯原 友里 (えびはら ゆり)

1979年10月3日 宮崎県生まれ。ファッション誌「Cancam」「AneCan」「Domani」の専属カバーモデルを経て、現在は「Marisol」カバーモデルであり、様々な雑誌で活躍する日本を代表するモデル。2014年ハーバルセラピストの資格を取得。2018年 12月よりNHK「8Kなび」ナビゲーターを務める。
蛯原友里オフィシャルサイト

View Profile
八木 莉可子 (やぎ りかこ)

八木 莉可子 (やぎ りかこ)

2001年7月7日 滋賀県生まれ。2015年エイジアクロスモデルオーディション「#THE NEXT」でグランプリを受賞し14歳でデビュー。2016年雑誌「Seventeen」「ミスセブンティーン」グランプリ受賞し専属モデルとなる。日本テレビ「時をかける少女」、関西テレビ「僕たちがやりました」、TBS「チア☆ダン」へのドラマ出演やCM、雑誌、ショー等、活躍の場を広げている。

View Profile

CM Song

『Summertime』

Words by KEIJU, Nariaki Obukuro
/ Music by Nariaki Obukuro
/ Produced by Nariaki Obukuro

RIRI

RIRI (リリ)

1999年生まれ19歳。
世界で活躍するアーティストを目標とし、16歳からLAで数々のプロデューサーと制作を始める。
インディーズ期に発売した「RUSH」が各ストリーミングサービスの注目新人にピックアップされ、iTunesチャートで1位を記録。
1st AL「RIRI」を携え、2018年2月メジャーデビュー。
新人としては異例となる全国47局パワープレイ等に選出され、リリース記念ライブも完売となる。
更には、世界的DJ/プロデューサーであるゼッドから、自身最大のヒット曲「ステイ」の日本語カヴァーリクエストを受け、生配信サービスでは共演を果たした。
11月には2ndアルバム「NEO」を発売、2019年1月~2月自身初となる全国8か所のツアーを開催中。

View Profile

KEIJU

KEIJU (ケイジュ)

東京の街を生きる幼馴染からなるラッパー、トラック・メイカー、DJ、映像ディレクターら総勢16名を擁するHIP HOPクルー・KANDYTOWN。CARHARTT、Reebok、Timberland等とのコラボなど、音楽以外のフィールドでも注目を集める同クルーの中でも、中核をなすメンバーにしてフォトジェニックなルックス、メロウネスを感じさせるヴォイス含め、強く個性を感じさせるラッパー。2017年には、tofubeats「LONELY NIGHTS feat.YOUNG JUJU」、Awitch「Remember feat.YOUNG JUJU」、清水翔太「Drippin’ feat.IO & YOUNG JUJU」などャパニーズ・ヒップホップ・シーンの客演王と言ってももはや過言ではない程のめざましい活躍を見せる。グループからのソロとしては初となるメジャー・ディールをソニー・ミュージックレーベルズと締結し、アーティスト名をKEIJUへと改名。2018年、ソニー・ミュージックレーベルズ内から1st配信シングル「Let Me Know」とRemixを発表。2019年2月、沈黙を破り、満を持してEP「heartbreak e.p.」を配信にてリリース。

View Profile

NARIAKI OBUKURO

小袋成彬 (オブクロナリアキ)

1991年4月30日生まれ。
R&Bユニット”N.O.R.K.”のボーカルとして活躍。音楽レーベルTokyo Recordings設立し、水曜日のカンパネラへの歌詞提供のほか、adieuなど様々なアーティストのプロデュースを手掛ける。
2016年、宇多田ヒカルのアルバム「Fantôme」収録曲「ともだち with 小袋成彬」にゲストボーカルとして参加。
最新ワークスは宇多田ヒカル「Too Proud featuring XZT, Suboi, EK(L1 Remix)」のプロデュースおよびプログラミング。
伸びやかな声と挑戦的なサウンドデザイン、文藝の薫り高き歌詞が特徴。
2018年4月25日、デビューアルバム「分離派の夏」を携え、ソロアーティストとしてデビュー。
iTunes総合ランキングでの1位など配信ランキングで上位を記録し、今期待の新人として注目されている。

View Profile

CM限定ユニット結成について

2018年7月、FUJI ROCK FESTIVALでの小袋成彬のステージを見た資生堂アネッサのクリエイティブディレクターより、来年度イメージソングのオファーが舞い込みました。
夏をエレガントに、そしてタフに生きる女性たちを応援するような曲を歌ってほしいという打診に対し、悩みに悩み、考えに考えた末に出した小袋の答えは、自分には歌えない、でした。
ならば自分で歌わなくとも曲を作ることはできますか、というディレクターからの問いかけによってこのプロジェクトははじまりました。

曲を作るトラックメーカーがいて、フックを歌うシンガーがいて、物語を紡ぐラッパーがいる。

欧米のポップミュージックでは一般的と言えるコンビネーションにしたいという着想を得た小袋は、だれと組むべきかというアイディアが直観によって一瞬で固まりました。
以前より親交があったわけではありませんが、ただCMコンテを見てすぐに浮かんだ閃きを信じました。
それが正しかったかどうかは、ふたりの類まれなるパフォーマンスが証明していると思います。
そして3人のアーティストを呼び寄せたのは、まぎれもなく「資生堂アネッサ」なのです。

EPICレコードジャパン 小袋成彬担当 沖田英宣

ページトップへ